Eat Much, Learn Slow (& Don't Ask Why)

calender entry comment trackback category archive link
二人(以上)が喋ってる。
Posted by: 鈴木並木 SUZUKI Namiki (→Profile)

ポレポレ東中野でついに公開中の小森はるか「息の跡」を見た! 「!」をつけるようなおおげさな類の映画ではないと思うかもしれないけれども、その意味はそのうちわかる、ようにこれから書いていく!

昨年3月、新文芸坐で1回だけ上映されたときに初めて見た。で、そのときは、極度に誇張された抑揚だとか様式化された身ぶりと口調だとかについて書いた(→☆)。

それから半年くらいたって、批評誌「ビンダー」の連載時評で2016年秋までの時点の日本映画を振り返ったとき、「息の跡」にも言及した。そしてそこでは「もともとナチュラルに芝居がかっているひと、そうしなければ生きられないひと、自分自身のその性質に気付いてすらいないひと、がいる。」と書いた。しかしそのフレーズは、岡本まな「ディスタンス」と森達也「FAKE」についてのもので、「息の跡」のことは念頭に置いていなかったのだった!

そうして「息の跡」を再見する! 追加撮影がおこなわれたうえで再編集され、2016年春のヴァージョンから15分くらい短くなっていた。旧ヴァージョンのオープニング、最初に出てくる言葉はたしか、種屋の佐藤さんがカメラ=小森のほうに棒(先端部分に顔の絵のようなものが描かれている)を突き出しながら、「へのへのもへじだぁ!」と言い、小森が短く「ふふふっ」と笑うというもの。

劇場公開版は、佐藤さんの職場である種屋の様子、そこで仕事しながらの佐藤の言葉、そして小森の反応から始まる。
「植物も人間も同じよ。寒いと死ぬ」
「23歳? 豆粒だ」(小森の歳を訊ねて)
「結婚して終わりじゃないのか、女の子は?」(小森が「終わらない!」と返す)

遅刻して教室に入ってきた学生のようにあわててこれらの言葉をメモしながら、ああでも「へのへのもへじ」から始まらないのか、とちょっと残念に思っていると、これらの会話のやり取りに続いて、あの「へのへのもへじだぁ!」が来る。そうか、こうつながっていたのか。知らない土地を歩いていて、不意に見慣れた場所に出たような感覚。

初見でも強く印象付けられた佐藤さんの英語の朗読(「ケッセン・ダマシイ!」)や、カメラ=小森に向けてだったり、向けられてではなかったりする言葉。初見から1年弱たって、2016年を通り過ぎてみると、佐藤さんも「もともとナチュラルに芝居がかっているひと、そうしなければ生きられないひと、自分自身のその性質に気付いてすらいないひと」たちの近くにいるひとりなんだと気付く。つまり2016年ごろの日本(映画に出てきた)人がここにいる。

2016年春版ともまた違う編集だったという2015年秋の山形上映ヴァージョンは見ていないのだけど、それにしても、今回の劇場公開版のためにほどこされた編集の効果はめざましい。街道と店の位置関係は絶え間ない車の通過音によってくっきりと際立ち、カメラ=小森の存在が強調されることでドキュメンタリストとしての佐藤さんの姿も自然と浮かび上がり、そして映画の最初と最後で佐藤さんと小森の言葉が期せずして響き合うのだから、もう……。もちろん「期せずして」ではない、響かせようと思って作って、それがきちんと響いてる。

−−−

翌日。トーマス・ヴィルテンゾーン「ホームレス ニューヨークと寝た男」を見る。原題「Homme Less」じゃなにがなんだかわからないからとの判断でのこの邦題なんだろうけど、こぎれいな格好をしたロマンス・グレーのイケメンのファッション写真家が、実は家がなくて、ビルの屋上で寝泊まりしているという「実は……」系のドキュメンタリー。

「息の跡」の佐藤さんもだけど、こちらの主人公マーク・レイも、しゃべる、しゃべる。同じくらいよくしゃべる。これだけ自分からいろいろしゃべってくれるんだったら、カメラを回しさえすれば映画の2、3本、すぐにできてしまうのではないかとうっかり思ってしまう。けれどもふたりのしゃべりの性質は明らかに異なっている。ように見える。

自分ひとりではとても消化しきれない大きなトラブルを経験したとき、それを言葉にしたり、文字に書き残したり、あるいはただカメラの前にわが身をさらしたりすることで、大きなかたまりが少しずつ砕かれていくように、あるいは石鹸が小さくなっていくみたいに、苦しみが吸いとられ、軽減していくことはありうるだろう。笑い飛ばす、というやりかたもある。すべて、広い意味での知性の営みだろうと思う。

マーク・レイはどうか。ちょっと変わった生活を軽やかに楽しんでいる快活なニューヨーカーに見える。モデルからフォトグラファーへの転身。しかし住む家はない。ジムのロッカーに私物を押し込み、ショウ・ウィンドウを鏡がわりに髭を剃る。そんな暮らしも「選択と結果、選択と結果、その積み重ねとしての、いまだろ?」なんて、肩をすくめて肯定しそうなキャラクター。

映画が進んでいくにしたがって、そんな暮らしも決して気楽なだけのものではないことがわかってくる(当たり前だ)。住む家がないのはマンハッタンの家賃があまりに高くて払えないからだ。イケメンならではの軽い女性不信があるようだし、誰かに頼るのも苦手。夜、ビルの屋上の寝床の中での独白、日中とは別人のような疲れはてた顔を見せる。この「おいしい」ショットを、わたしは見たくなかった。自分自身のその性質に気付かぬまま、いつまでもナチュラルに芝居がかっていてほしかった。

種屋の佐藤さんとマーク・レイは、過去・現在・未来ともおそらく面識は持つことはないと思われるが、立て続けにふたりを見てしまったあと、想像の中で、任意にふたりの人生を入れ替えてみるのはわたしの勝手だ。もし、陸前高田の種屋がロマンス・グレーのイケメンで、ニューヨークの写真家がひとなつっこい思索家だったら。そしたらふたりは、どんな芝居を見せてくれただろうか。

−−−

その2日後くらいに、アーサー・ペン「奇跡の人」を見る。

地震と津波で店を失った佐藤さん。見ようによっては自発的にホームレス生活をしているマーク・レイ。ふたりを重ねたり、その心痛を比較したりするのは不謹慎というか不適当なふるまいだったなと、ヘレン・ケラーの三重苦に思いを馳せる。いやしかし、たまたま同じ週に見たというそれだけの理由で、3人を強引に関連付けてみることこそが誠実さというものではないか、と逆ギレ気味に考えもする。

だいぶ以前にTVで録画したものを見たっきりだけど、それでもW-A-T-E-Rのくだりと、ヘレンとサリヴァン先生のダイニングでの死闘はよく覚えていた。今回それ以上に印象深かったのは、言葉(を使って世界を認識する方法)をヘレンに教え込もうとするサリヴァン先生の妄執ぶりで、goodを教えるときには自分の顔一面に笑みを浮かべてそれをヘレンに撫でて覚えさせ、badの際には悲しげな表情を作ってそれを手で認識させる。

あっここにも、(よりよく)生きるためにナチュラルに芝居がからざるをえないひとがいる、と思った。極度に誇張された身ぷり、言葉へのやや過度の信頼。サリヴァン先生もマーク・レイも、こうして2016〜2017年ごろの日本映画のある種の人物たちと通じ合っている。そういえば「息の跡」も「奇跡の人」も、井戸(=イド!)の映画であり、対して、ニューヨーカーのマーク・レイの屋上の住処には井戸(=イド!)はもちろん、水道もない。彼にとって水とは、使うそのたびごとにポンプをぎーこぎーこして汲み上げるものではなく、あらかじめ一定量ごとのかたまりをスーパーで買い求め、枕元に備えておくものなのだ。

ところで、ウォーウォーと言葉以前の言葉をひたすら高速のビートに乗せて発し続ける、「奇跡の人」という名前のハードコア・パンク・バンドがあったら面白い、と考えたことがあったのを、15年ぶりくらいに思い出した。

映画
comments(0)
-
スポンサーサイト
スポンサードリンク
-
-
-









calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem